わが子を明るく健やかに育てるために(抜粋)

~少年非行防止のしおり Part40~  山梨県警察本部

13 いじめ
 いじめはもともと潜在化しやすい問題ですので発見しにくいのですが、最近は、暴力、恐かつなど犯罪に近いいじめが多くなってきているのが特徴です。
 また、インターネットを利用したいじめにも注意する必要があります。

◎いじめの種類
 〇一人を集団で取り囲み、殴る蹴るの暴力をふるう。
 〇気に入らない者同士を集団で囲み、中で戦わせて面白がる。
 〇持ち物を隠したり、壊したりする。
 〇集団で徹底して無視する。
 〇身体的特徴などをとらえて、みんなの前でしつこくののしる。
 〇金や品物を持ってくるよう強要する。
 〇インターネットを介して、悪口や誹謗・中傷を送信する。
 この他、身体的又は精神的に苦痛を与える等いじめは多種多様にわたっています。

◎いじめの特徴
 〇一般化・・・・どんな子も被害者にも加害者にもなる可能性がある。
 〇ゲーム化・・・遊び化し、さほど罪悪感を持たない。
 〇徹底化・・・・制止する者がいないため、残忍・陰湿化しやすい。
 〇潜在化・・・・いじめられている方もなかなか言わないのでいじめが見えにくい。
 〇集団化・・・・みんなで一人の子をいじめ、責任回避に走る。

◎こんなサインがでたら要注意
<家庭でのサイン>
 〇性格が暗くなり、口数が少なくなる。
 〇家庭から品物やお金を持ち出す。
 〇よく物がなくなる。
 〇衣服が汚れていたり、けがをしていることがある。
 〇学校に行きたくないと言いだす。
 〇登校時間になると突然熱が出たり、体の具合が悪くなる。
 〇学校を早退してくる。
 〇外で遊ぶのをいやがり、部屋にとじこもって考えごとをしている。
<学校でのサイン>
 〇職員室のまわりをウロウロする。
 〇一人ぽつんとしている。
 〇机や椅子が壊される。
 〇所持品や机などに落書きされる。
 〇何か事件が起こるとその子のせいにされる。
 〇失敗すると大きな声で笑われる。
 〇正しい意見なのに支持されず、やじがとんだりする。
 〇無断で遅刻や早退をする。

◎家庭での対応
 〇子どもの生活態度をよく見てください。何か異変に気付いたときはいじめを心配してください。
 〇何でも話し合える雰囲気づくりに努めて下さい。子どもの相談相手になり、解決の方途を一緒にさがして下さい。
 〇日ごろから善悪のけじめをつけ、人をいたわる優しい心を育てて下さい。
 〇いじめを知ったら早いうちに関係機関と相談し、芽のうちに摘みとることが加・被害者ともに禍根のない青春を送れることになります。
 〇親は、子どもを多面的に評価するよう心がけ、個性・特性を伸ばし、人それぞれが持つ様々な良さを見出してやることが大切です。
 〇子どもにとって、親はとにかく頼りになる存在でなくてはなりません。

◎被害者や周囲がいじめを語りたがらない
 〇いじめられていることはなかなか言わない。家庭や両親の前では弱い子ではなく、明るく良い子でいたいから。
 〇いじめられっ子ではないという少年特有の自尊心が大きいため、周囲に相談しない。
 〇周囲に話しても解決できないと諦めている。
 〇いじめる子から強引に万引き等をさせられても自分がやったと言い切る。仕返しがこわい。
 〇自分がいじめの加害者に立候補することによって、それ以後のいじめから逃れ、逆にいじめる側に回ることもある。
  処世術である。だからいじめをとがめられても、「俺たちは遊んでいるだけだよ。」と言って逃れてしまう。
 〇「私は今の仲間が好きだ。好きで入っている。」と言い切る。
 〇集団の裏切り者、密告者と見なされ、集団から切り捨てられ、今度は自分が集団から無視されることへの恐ろしさがある。
 〇自分がいじめられていないから、たいしたことも思わず、辛さも理解していない。

 最近、いじめが少年たちの生活に溶け込んでしまっていて、ますます外から見えにくくなってきています。いじめが増加しているということは、少年たちのストレスが高まっているということでしょうか。

わが子を明るく健やかに育てるために(抜粋)

~少年非行防止のしおり Part40~  山梨県警察本部

4 家庭における非行防止のポイント
 子どもが健やかに成長するためには、親子がふれあい、明るく、温もりのある家庭が必要です。
 経済の発展とともに、社会や各家庭に物資が豊富になり何一つ不自由なく暮らせるようになった今日ですが、このような中で、社会の発展に逆行するかのように心を荒廃させ非行に走る少年たちが後を絶ちません。
 昭和58年から戦後最高のピークにあった少年非行も平成元年から、減少傾向を示してきました。しかし、少子化の進む中では、一概に減少しているとは言えない状況です。
 非行少年の多くは、本人自身の規範意識の低さもありますが、それ以上に幼児期からの生活のベースとなる家庭の温かさや大切な「しつけ」が欠けている場合が少なくなくありません。
 次代を担う少年を非行に走らせないためには、少年の生活の基本となる家庭生活に心の安らぎが用意されなければなりません。
 大人社会は仕事と交際関係で多忙を極めていますが、子ども社会も同じです。子どもの生活に大人は大きな関心を寄せ、多方面にわたる気配りをしてあげなくてはなりません。子どもの顔色・服装・持ち物など、声なき声にも耳を傾け、共に悩んだり・喜んだり、また、日々の成長に万雷の拍手を送ってあげたりして、子どもと一緒に歩んでいく親・家族の人間関係が渇望されます。幼児の社会を知るには「幼児の目の高さに大人の目を合わせよ」とも言います。子どもの健全な成長を願う、我々、大人は子どもの心にそっと心を寄せ温かく見守り育てていくという、ごくあたりまえのことが重要といえます。

<小さい時からしつけることを忘れるな>
 家庭におけるしつけや養育には大別すると次の二つの場があると考えられます。
一つは、親が積極的に日々の生活の中で教え込んでいく場
一つは、親の背を見せる、親の日々の生活態度を見せ、感じとらせていく場
 子どもへの親の態度を常に大切にし、望ましい社会人に成長させていこうとする日々の実践が大切です。
◎ 好ましい生活習慣の形成は、幼児期からのきちんとしたしつけから始まります
〇生活の基本マナーを日々の生活の折々にしっかり身につけさせる。
〇かわいいだけの養育は子どもにとって迷惑です。

◎ 子どもを甘やかすな
〇子どもの欲望を次から次に満たしていくようなまちがった物わかりの良い親であることには要注意です。
〇がまんすることやつらさに耐えることも教え、たくましい心を育てることが大切です。

◎ 善悪のけじめはきびしく教えよう
〇うそや約束違反には厳しい態度で臨む。
〇やって良いこと、悪いことのけじめはくり返し教える。
〇悪い行為には、き然とした態度を示し、他人の子どもでも注意する。

◎ 子どもを放任するな
〇子どもの不始末は親の不始末です。子どものしつけや行為には責任を持つ。
〇手は離しても目は離すな、身のまわりや行動に注意を払う。
〇家族会議で家族の約束(きまり)をつくり協力する態度や規範意識を育てる。

<親の生活態度や行動を見習って成長します>
◎ 親の権威を失うな
〇しつけの基本は、昔も今も変わらない。
〇しかるべき時には、き然とした態度でしかる。
〇子どもに教えたことは、自分で範を示す。
〇ふしだらな親は子どもの信頼を失う。
〇子どもの要求に応えられることと応えられないことをはっきりする。

◎ 親子の対話は、暖かい雰囲気づくりから
〇食事は家族が揃ってとるようにこころがける。
〇夫婦の明るい会話を日々、示す。
〇子どもの話しかけに真剣に答える。
〇親の立場で聞き、子どもの立場になって考えを話す。

◎ 二つしかったら、三つほめる心がけを
〇ほめることや良さを認める接し方は、子どもにやる気と励みを与えます。
〇頭ごなしや、ムラのある感情的なしかり方は逆効果です。
〇子どもの自立心や自主性を尊重し、目標や希望を持たせることが大切です。

◎ 子どもに過度の期待をかけるな
〇親の一方的願望や見栄で子どもをかり立てない。
〇兄弟や友だちを引き合いに出して比較しない。
〇子どものやる気を起こす無理のない目標を持たせ励ます。
〇過度の干渉を避けて自立化を助ける。

◎ 働く姿をとおして勤労の尊さを教えよう
〇家の手伝いをさせ家族の絆を深めさせる。
〇父母の働く姿を見つめさせるようにし、勤労の尊さを教える。

市総体の注意事項

以下の事項を市内共通で生徒に周知しています。ご家庭でもご理解、ご協力をお願いします。

1.部活動に所属していない生徒は3:30pmまで家庭学習。外出は避ける。
2.全生徒共通で他会場に応援に行くことは禁止。たとえ同じ会場であっても、他の部活の試合会場には行かない。
3.昼食までは各自の競技会場で過ごす。負けても勝手に帰ることのないように。
4.文化部の生徒は部活動がある場合は学校に登校して活動に参加する。
5.選手、応援生徒は買い食いはしない。ペットボトルは家から持参する。会場に向かう途中で購入することのないように。また、ペットボトルは必ず家に持ち帰ること。
6.明日の降水確率は50%。カッパを準備しておく。
7.自転車での移動は交通事故に気をつける。マナーを守り、必ずヘルメットを着用すること。
8.自転車の施錠は必ずする。会場での自転車、私物の管理、整頓を心がける。
9.市総体当日は市内全中学生が一斉に移動する。交通安全だけでなく、他校とのトラブルにも気をつける。